もちのいいマツエクデザイン

もちのいいマツエクデザイン

マツエクは日々の生活で取れていくもの

マツエクは日々の生活で取れていくものであり、
それは意図していなくても起こるものです。

基本マツエクは負荷を加えないために
あまり触らないようにするのが基本、
それは寝ているときにも及びます。

しかし寝ているときまでマツエクを気にしていられないもの。

対策は?

そうなると、その対策として取れることは
負荷がかかりにくいデザインにしてもらうということです。
日常生活の中でマツエクはたくさんの負荷がありますが、
デザイン次第でその負荷がかかりにくいように対策はとれます。

例えば、「アイラインをひいたようになる」と人気のある、
目尻にかけてまつ毛が長いデザイン。

これは確かにデザイントしてとても綺麗なのですが、
目尻が長い為寝ているときに横向きになるなどすると、
その部分が枕に擦れて取れやすくなってしまいます。

もちろんリペアなどを行い保持していくのは可能なのですが、
朝起きると長いまつ毛が枕に…
ということも起こります。


マツエクはそれ自体が硬くひっかかりやすいため、
枕の繊維に引っかかって取れやすくなるということが
多々あります。

それが気になる方の場合、
目の真ん中らへんのまつ毛を長くするデザインに
しておく方もたくさんいらっしゃいます。

他、マツエクは接着面が小さいと
やはりとれやすい傾向にあるため
できるだけ地まつ毛の長さや形状に合わせて施術すると、
マツエクの持ち自体がよくなります。

マツエクの長さを元のまつ毛に合わせる、
あまりカールが強すぎないものを選ぶ
といった工夫で持ちのいいマツエクとなるので、
必見です。


地まつ毛に合わせると、
マツエクの意味がないのでは?
というとそうでもありません。

マツエクはそれ自体非常に濃いものなので、
つけているのはしっかりわかります。


元々全くマツエクはカールしていないわけではなく、
ナチュラルですが十分に主張してくれるくらいに
機能してくれるので
控えめにしても目立たないなんてことはないのです。

もちろん華やかなマツエクも魅力的ですが、
持ちを大切にするならば
負荷のかかりにくい、
地まつ毛にそったデザインにすると
リペアギリギリまで
マツエクがうまくついた状態で過ごせるので
オススメです。

マツエクは、一重、二重、奥二重の方、
それぞれに合ったデザイン、種類があります。

カーブ一つこだわることで目もぱっちりとする上に
もちもよくなりますので
自分の目の形に合わせて
カウンセリングであったデザインを探してください。


尚、マツエクは通常接着面も通常の毛と同じ丸状なのですが、
中には接着面が平たく、
更にきっちりと接着できるマツエクを使用してくれるところも
あります。

これは通常のマツエクとは差が歴然で、
とてももちがいいと評判のようです。

持ちにこだわりのある方ですと、
こういったマツエクを使っているサロンを探してみると
お気に入りのところが見つかるかもしれません!

マツエクは、
自分のもともとのまつ毛と差があり過ぎないか、
こすれてひっかかりやすくないか、
接着面が広くしっかりくっついているか、
でもちがとても良くなります。

マツエクのもちをよくしたい!

という方はこのあたりに重点を置いてマツエクのデザインを選んでみましょう。

物足りない場合、
マツエクの本数を増やすなど全体的に濃くすると納得いく出来になりやすいのでオススメです。
下まつ毛のマツエクは控え、下まつ毛はマスカラでメイクするというのもまつ毛同士のひっかかりがなく持ちがよくなります。


おすすめサイト
徳島でのまつ毛エクステ・マツエク
愛知県常滑のまつ毛エクステ・マツエク
愛知県名古屋市のまつ毛エクステ・マツエク