もちのいいマツエクデザイン

マツエクはとれるもの

2015年11月27日 11時51分

マツエクはとれるもの

マツエクが最ももちがよくなる方法はマツエク自体に触れないこと。

しかし日常生活を送る上でそれらは不可能です。
洗顔はもちろん、寝ているときも
無意識に枕にまつ毛を押し付けるなどを行ってしまいます。

しかし寝ているときまでマツエクに配慮してはいられないもの、
寝ているときまで気にしていると
あっという間に睡眠不足に陥ってしまいます!

だとすると、
どうしたらいいか?
マツエクが日常生活で極力引っかかりにくいデザインを選ぶと、
マツエクのもちはよくなります。

人は寝ているときに何度も寝返りをするもの。
完全に枕に顔をうずめるというのはなかなかないものですが、
横向きに寝るなどすると目尻のマツエクが枕にあたります。

大人っぽく、アイラインをひいた印象になる
目尻にかけて長いマツエクのデザインですと
これが起こりやすく、
どんどん目尻からマツエクが取れていってしまう方もいるようです。

そのため、
もしマツエクのもちを気にするならば
目の真ん中あたりのまつ毛の長さを出して、
目尻は長さを控えめにする
比較的もちがよくなります。

マツエクはとれるもので、
そのためにリペアなどのプランがあるのですが、
出来るだけサロン通いをおさえて長持ちさせたい!
という場合は日常生活で負担のかかりにくいデザインを
アイリストに相談の上施術をしてもらうのがいいでしょう。

マツエクは、
大体2週間から1カ月くらいでとれるものです、
早い人では1週間くらいでとれていきます。

もともと取れる前提のものではあるので、
キープするために細心の注意は払うものではありません。

ですが、デザイン一つ工夫すると持ちがよくなるのも確か!
1.5倍のマツエクのもちを期待することもできます。
マツエクを持たせたいけれど、ケアに気を使える自信がない!
そんな方はデザインを工夫して持ちのいいマツエクを手に入れましょう!