もちのいいマツエクデザイン

もちを気にするなら下まつ毛はそのままで

2015年11月27日 11時59分

もちを気にするなら下まつ毛はそのままで
女性としては上下共に長く濃いまつ毛にあこがれるものですが、
マツエクのもちを気にする場合は
上下両方ともに付けるのはあまりお勧めできません。

上下共にしっかりとマツエクを付けてしまうとどうしても絡まりやすくなり、
その分負担がかかってどうしても取れやすくなってしまいます。

そのため、マツエクは上だけ綺麗に整えて
下まつ毛は普段のメイクで補うと
マツエクのもちは比較的よくなります。

マツエクは絡まるとそのままくっついてしまう場合があり、
それは片方のみのつけまつ毛でも起こること。
それが起こらないようにコームを通すなどのケアを推奨されているのですが
下まつ毛にもマツエクがついている場合余計に絡まりやすくなってしまうのです。

ベテランさんにはおすすめ!

初心者の方にはサロン側からも
あまりオススメしないと言われてしまう上下のマツエク、
リペアに頻繁にいけるマツエクベテランさんに
オススメの施術だと言えます。

上まつ毛のマツエクだけでも
十分メイク時間の短縮が期待できるマツエク。
主に皆さんが力を入れる上まつ毛のメイク分時間が
短縮されるのでもともとのメイクよりも随分楽になっているといえます。

下まつ毛をその分その日の気分に合わせて綺麗に整えるのもまた
美容生活の楽しみになるのではないでしょうか。

段々マツエク生活に慣れてきて、
物足りなくなってきた頃に次の段階として
下まつ毛にも施術をするのをオススメします!

慣れてきた頃ですと
ケアの腕も随分上がっていますので
長持ちさせるコツも体感でわかっているでしょう。

なかなか慣れないうちに
一気に上級者向けのマツエクをつけるのではなく、
順序を踏むこともマツエクを長持ちさせるための秘訣ですので、
だんだんと日常生活にマツエクを取り入れるようにしてみてくださいね。